小顔矯正大阪 > 小顔コラム > 生活習慣も関係している!?口元のたるみ解消法・3選

生活習慣も関係している!?口元のたるみ解消法・3選

「口元のたるみ」が老け顔の原因だった!?

口元のたるみが酷い女性は、周囲にネガティブな印象を与えたり、老け顔に見られるという難点があるとされています。

今回は、加齢によって酷くなる「口元のたるみ」について詳しく解説しますので、ぜひ毎日のケアの参考にしてみてください。

解消法①生活のクセを矯正する

顔の骨格や筋肉をアンバランスにする生活習慣のある人は、口のまわりにある「口輪筋」が衰えや歪みが酷くなる傾向があるとされています。

その結果として「口元のたるみやほうれい線」などが生じることもあるため、下記の習慣がある人は、すぐに見直しをかけるようにしてください。

・横向きで寝ている
・頬杖をつく
・同じ側の歯ばかりで噛んでいる
・いつも同じ表情で過ごしている(笑っていない)

解消法②フェイササイズやフェイスヨガも効果的

口のまわりにある口輪筋を「動かす・鍛える」だけで、少しずつたるみが解消されていきます。

最も簡単な方法は、「口を使って割りばしを挟むだけ」というものです。

横にした割りばしを前歯で挟み、唇をぴったり閉じた状態を5秒間キープします。

このフェイササイズは即効性が高いことでも知られていますので、なるべく1日5回ほど行うようにしてみてください。

解消法③エイジングケア化粧品を使って年齢肌ケアをする

顔全体にたるみが生じるもうひとつの原因は、「加齢によるコラーゲン不足」です。

特に敏感肌や乾燥肌の皆さんはコラーゲンの減少が著しいため、口元のたるみに気付いた段階で、なるべく早めの対策を講じる必要があるとされています。

顔のハリや弾力不足にアプローチできる化粧品は「エイジングケア化粧品」と呼ばれているため、自分の年齢に合ったものを購入するという策も確実なケアに繋がると言えそうです。

またしっかり保湿されている肌はシワやたるみが起こりにくい特徴がありますので、皮膚のバリア機能を高めながらハリや弾力をキープできる素肌づくりに励んでみてください。

Column小顔コラム

Knowledge基礎知識

Areaエリアで探す

Popular大阪で人気の小顔矯正