小顔矯正大阪 > 小顔コラム > 正しいスキンケアが小鼻や毛穴の黒ずみを解消に導く!

正しいスキンケアが小鼻や毛穴の黒ずみを解消に導く!

小鼻や毛穴の黒ずみを解消しましょう!

小鼻は毛穴の黒ずみが酷いと、メイクの仕上がりも悪くなってしまいます。

今回は毛穴の黒ずみの解消に繋がる「適切なケア」をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

蒸しタオルを使って毛穴を開かせる

洗顔を行う前には、必ず「毛穴を開かせる習慣」を付けるようにしてください。

毛穴は湯船に浸かっているだけでも開きますが、時間がない時には「蒸しタオル」の活用がおすすめです。

小鼻の上に約30秒蒸しタオルを乗せているだけで開いた毛穴は、洗顔モードになっていると言えるでしょう。

マイクロファイバークロスを活用する

メガネ拭きとして販売されているマイクロファイバークロスは、細かい繊維によって毛穴の黒ずみが解消する万能アイテムです

湿ったクロスを洗顔料で泡立てて、「クルクル」と回しながら毛穴部分を洗ってあげてください。

あまりにも強く擦ると皮膚が傷ついてしまいますので、「優しく洗う」ということが注意点となります。

洗顔を終えたら「保湿」を行う

洗顔後の保湿ケアは、毛穴のトラブルを解消する上で最も大事な位置付けとなっています。

保湿成分の少ない皮膚は、インナードライ肌と呼ばれる「脂が出やすい状態」となりますので、毛穴から生じる悪循環を解消するためにも、「保湿」を心掛けるようにしてください。

最後に冷やして毛穴を引き締める

保湿ケアまで終わったら、冷水で絞ったタオルを用いて「肌の引き締め」を行ってください。

引き締めを行わない毛穴は「開いたまま」となり、肌表面の皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまいます。

せっかく与えた保湿成分を逃さないためにも、「きちんと冷やして肌に蓋をする」ということが重要になると言えそうです。

注意!毛穴専用アイテムの使用は「週1~2回」にして!

マイクロファイバークロスや専用石鹸を使った毛穴ケアは、「週1~2回まで」に留めるようにしてください。

あまりにも入念にケアしすぎると、毛穴が保つべき皮脂まで奪うことに繋がり、結果としてインナードライ肌になってしまいます。

ケアし過ぎるによるアクシデントを起こさないためにも、「ほどほどのケア」を心掛けるようにしてください。

Column小顔コラム

Knowledge基礎知識

Areaエリアで探す

Popular大阪で人気の小顔矯正