小顔矯正大阪 > 基礎知識 > 小顔矯正の痛み

小顔矯正の痛み

小顔矯正時の痛みについて

小顔矯正時に痛みを感じる場合、すぐに施術を中止して貰った方が良いと言えます。
施術は頭がい骨の歪みを取るのが基本ですが、頭の骨は基本的には動く事はありません。

赤ちゃんの頃は頭がい骨の間に隙間があるのですが、成長と共にその隙間も埋まっていくのです。

ですから、無理に力を加えて骨を動かそうとしたり、グイグイ骨を押してくる様な施術を行うサロン等は避けた方が良いと言えるでしょう。
また、無理な力を入れる事は肌にとっても負担となり、シミやシワの原因になる事も考えられます。

施術は痛みの無い、また無理な力で圧迫しない方法を推奨しているサロン等を選ぶようにしましょう。

小顔矯正後に痛みを感じた場合は

施術中は問題無かったけれど、施術後から痛みを感じ始めるという方も多い様です。

痛みを感じる場合は施術中から無理な力を入れて行ったために起きるもので、その場合は打撲状態になっている事も考えられます。

もし我慢できない痛みが継続する場合は、専門の病院にて症状を見て貰った方が安全だと言えるでしょう。
痛みが2~3日で引いた場合も、継続して一週間程様子を見る様にしましょう。

頭の骨は体の中でも一番大切な部分ですから、心配であるならこちらも病院を受診した方が良いと言えます。

痛みを伴う小顔矯正は効果があるのか?

基本的に、痛みを伴う小顔矯正は危険である為、施術は控えた方が良いと言えます。
骨が鳴る、骨を移動させる様にグイグイ押す、このような施術方法は体のバランスに悪影響を及ぼす事も考えられますので、施術は「痛くない」施術を基本としているサロンが妥当です。

痛みを伴う事で効果を実感出来る、一時的に痛みを感じる、施術後は元に戻る事があり、その場合に痛みを感じる事がある、等が言われています。

しかし、痛みを感じるという事は、かなりの負荷がかかっている事となりますから、何かしらの症状が出てもおかしくはありません。
痛みを伴う施術は危険も伴う、という事も併せて覚えておくと良いでしょう。

Column小顔コラム

Knowledge基礎知識

Areaエリアで探す

Popular大阪で人気の小顔矯正